日本特有の衣装|街の雰囲気に合わせられる着物レンタル|自分に似合うものを選べる

街の雰囲気に合わせられる着物レンタル|自分に似合うものを選べる

レディー

日本特有の衣装

着物

着用時は意識を怠らない

着物は日本特有の美しい衣装ですが、身に纏う時は着方や動作に気を付ける必要があります。着方では正式な着付けで行うことが基本で、乱れた着方やオリジナルな着方は避けた方が良いです。動作では、立ち姿・歩行時・食事時・階段使用時・車の乗り降り時などそれぞれの場面に合った動作を心がけます。着物は姿勢が良くないと着ていられない服装なので、立ち姿では頭の頂点を天に向けて顎を軽く引いた美しい姿勢を保ちます。つま先は内股気味にし、手を体の前側で軽く重ねると慎ましやかな美しさが表れます。歩行時は背を伸ばし、足は真っ直ぐのまま歩幅を狭く歩きます。タブーなことは、音を立てること・履物を引きずり歩くことです。食事時は着物が汚れないように注意を図ることが大事で、帯とテーブルまでの距離を握りこぶし1個分はあけます。ハンカチがある場合は、膝にかけます。階段使用時は、立褄(たてづま)と呼ばれる着物の腿から足先辺りの部分を軽く持ち上げながら上り下りします。車の乗り降りでも、立褄を軽く持ち上げます。乗る時には席にお尻から着地し、両足を揃えた状態で片手で袖を持ちながらもう片手で体を回して足を車内に入れます。

程良い緊張で自然に振舞う

立ち姿での工夫は、背筋がピンとしながらも自然な力加減でいることです。慣れないうちは大変かもしれませんが、着物は重さがあり締める衣装なので緊張すると体に負担がかかります。深呼吸をしてあまり意識し過ぎず、自然な心持であると良いです。歩行時は荷物の持ち方が大切です。持ち物は左手に持つことが基本で、右手は添える手になります。右手の添えは、着物がひらひらしないために行う工夫になります。食事時では何かを取る時に袖口を押える工夫が必要で、あまり腕を見せないようにすると着物の上品さが損なわれずに済むとされます。階段使用時は上り方に工夫をすると、足首が見えにくくなります。その工夫とは上げた足が着地する時と同時に残る足を上げる上り方ですが、意識し過ぎて階段でつまずかないように注意です。車の乗り降りも動作が覚えにくいかもしれませんが車内に入って乗っている最中の状態にも工夫が必要で、座っている最中は帯が潰されないように後ろにもたれないことが基本です。